rss

苗取り&田植え最終日 2020.6.13

さてさて、編集のこじまあきみです。

今年の苗取りと田植えは6月16日までの火曜日と土曜日の4日間を費やしてスタッフのみで行いました。少ない人数の時は2~3人、多い時でも6人ほどで行い、たいへんな作業だったことと思います。今日お見せするのは4日間の内、最終日の一日前の作業写真6枚です。

早乙女さんが撮影しました。本業以外に写真家でもある早乙女さんの構図はさすがです。こじまにゃ、こんな写真は撮れない。

始めに苗代から苗を取ります。苗取りと呼んでいます。小さい束を作ります。

こうして見ると、緑色と茶色ばかりの景色ですね~。働いている人にしてみれば、知ったこっちゃないですけど。

苗取り、遠景。何と言うか、まあ、何と言いますか、作業者と景色がしっくり合っていますね。遠景で見れば、まるでおとぎの国。働いてる人には地獄。

田んぼは全部で4枚あります。一番低いところにあるのは他に比べて少し小さいサイズです。この小さめの田んぼは、例年、小学校の授業で使われますが、今年はそれもないため、スタッフが田植えをします。

スタッフは長年の経験で、皆手馴れているため、なかなかに作業が早いです。

細い苗を2~3筋ほど取り分け、植えていきます。数多く取りすぎて植えると、稲は丈夫に育ちません。ここが普通には理解しがたい部分。

下の写真は、田んぼ上二枚が終わり、三枚目の3分の1ほど来たところ。終わりが見えてきたというあたりでしょうか。

苗取り、田植え、どちらの作業もとにかくしんどい仕事です

今年初めて田植えをしようと思っていた方、ぜひ、ぜひ、ぜひ、来年よろしく!

(こじまあきみ)

田んぼ一枚目、終了!

高橋です。

本日の作業の様子等をお知らせします。2020.6.9(火)
苗取りはうるちは必要な分はほぼ取り終えています。まだ若干残っていますが..

苗取り うるち米はほぼ終了

田植えは柚木さん、吉岡さん、後半から志村さんが参加し約3時間で1面を終えています。
3枚目の田んぼでは鴨が人を警戒することもなく悠々と泳いでいました。

田植え たった二人の作業!

雑木林の草刈りは手刈りで75%程度完了しています。実生の個所に杭を打っていたら杭だらけになりお墓のようです。

杭だらけ ⇒ お墓?

今回の伐採区域は実生だらけで足の踏み場もない状態です。
一部刈払機を使用しましたが、ほとんど刈込ばさみで刈っており、安全な作業です。

実生(みしょう)だらけ

こういう作業を一般会員と一緒にやるのが里山クラブの本来の活動のように思いました。
今シーズンはこの地域は実生をできるだけ残すように活動して行きたいので皆さんの参加をお願いします。


通常の田植え風景!!!

この写真が通常の田植え風景です。多分2018年6月。

また里山で働けるようになるといいね。(こじま)

なつかしい顔に会えた、なつかしい顔に会えるだろうか

2020年5月30日(土)、この日はスタッフ少人数による作業の日だったので、費用の精算もあったことで、里山に赴きました。仲間に会うのは3ヶ月半ぶりくらいです。なつかしい~~。2、3年も会わなかったような気がしました。わずか3か月半なのにね。

巣ごもり生活では、一日一日はだらだらと過ぎるように思えても、一か月ほどを振り返るとあっという間だったような気がする、何かできごとによる刻みがないと、人は、時はあっという間に過ぎた気がする、と心理学者は言うと書かれた記事を読みました。うん、そうなんだ、毎月の里山活動は刻みのひとつのわけだ。

スタッフの作業はいつものことだけど、田んぼ、畑、雑木林、それらの間、と皆がてんでバラバラの場所でてんでバラバラの作業をしています。ソーシャル・ディスタンシングにはうってつけみたい。

皆のなつかしい顔に会えるのはいつになるだろうか。一年のハイライトのひとつ、6月の田植えは皆にやってもらえない。7月は毎年カレー作りの月。皆でカレーを食べられるだろうか。ジャガイモは順調に育っているはず。

さて、話は前に戻って、5/30、キイチゴ(正確な名前は知らない)と田んぼの風景を写真に撮ってきましたので、ここにアップロードします。

まずは、にんにく。みごとなできばえ。7月にカレーを作ることができるなら、最初に大鍋の底で、バターでニンニクをジュージューと炒めます。すると、おいしいカレーになるんです。(そのはず)

キイチゴ(多分、そんな名前)の生っている枝を取って来てくれたので、青空に掲げてみた。

きれいな赤だ。このまま固めてアクセサリーにしたいくらい。

冷蔵庫でちょっと冷やして食べた。ほんのり甘く、ほんのり酸っぱく。申し分ない。ぶつぶつ感もうれしい。こんな真っ赤な美を食べるのもうれしい。

 

山ぐみの木も実がいっぱい生っています。長池公園にはけっこうな数の山ぐみがあります。甘さも酸味も中途半場な感じは否めませんけど、たくさんあってたくさん採れるのがうれしいです。低い枝のは採り去られてますけど、木を軽く揺すると熟れたのが落ちて来るかもです。レモン汁ちょっとと砂糖、あと、あればリキュールをちょっと入れて煮ると、それはもうおいしいジャムができます。わたしの大好物です。

 

次は、あぜ塗りが終わって静かに佇んでいる田んぼ。あぜ塗りを一度でもやったことがある人はご存じだけど、きっつい仕事です。これを少人数でやったとは…頭が下がります。このあと、代かき、田植えと続きます。あぜ塗りと代かきは子どもにとってハイライトだったのにね。思いっきりどろんこになれる日。おとなの視点からは「あーあ、また尻もちついたね、着替えはもうないよ」となりますが。

 

最後は、今の炭焼き小屋の佇まい。2月に引き続き、今年は2回目の炭焼きをGWにやる予定でした。それで、炭材は山と積まれています。薪割りはまだこれからですけどね。窯の中には、今、2月に焼いた炭が眠っています。来年の2月までずっと眠ったまま。夏眠、冬眠と。(炭を置いておくと、窯が乾燥するのが利点のため、焼いた炭は次の炭焼きの直前まで、敢えて出しません。)

おお、炭たち、炭材たち、炭焼き小屋も、来年まで待っててくれろよ!

ではでは、遠くない先に皆さまにお目にかかれますように! (こじま)

皆さんに作業してもらえない中、あぜ塗り終了 2020.5.26

高橋です。里山ゾーンの状況をお知らせします。

田んぼは吉岡さんや柚木さんの頑張りで、畔塗りがほぼ終わっています。
苗代は覆いを外し、苗も順調に育っているようです。

雑木林は下草が伸び始め、大変です。コナラの実生(みしょう)を刈らないように手刈りで刈り始めています。
萌芽更新した山桜にサクランボがなっていました。

あぜ塗り

あぜ塗りはスタッフ少人数でやった。重労働だわね~。

苗代では稲が順調に育っている。

 

 

 

 

 

 

 

山桜のサクランボが生りはじめた。

では、また。(編集 こじま)

 

里山(活動自粛中) 2020.4.28

今日はもう4月29日。先が見えません。


しいたけ、原木に生えている様子、採集した様子、乾燥させている様子を写真に撮りました。撮影は高橋さんです。2020年4月28日。(こじま)

きんらん咲いてます

しいたけのでき具合

こんなに採れました

しいたけを乾燥させています

 

 

 

 

 

 

 

(撮影・キャプション:高橋 編集:こじま)

里山に咲くものたち、生きるものたち

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。わたしは気をゆるめないことをモットーに毎日を送っています。


2020年4月11日 長池里山で平山さんが撮影、観察した植物、クモの写真をお届けします。

アセビ
白い花をよく見かけますが、稀に赤いのもあるそうです。今の時期、新芽もきれいです。

ぼけ
実が瓜のようなので木瓜だそうですが、普通はあまり実をつけないのだとか。 写真を探してみたら、カリンのような実でした。

コモリグモの一種
畑の草とりをしていたら、蜘蛛がいました。足の長さも含めて3センチくらいと小さいけれど、アシダカグモに似ています。大きなアシダカグモだって、生まれときには5ミリ程度。大きくなる途中でしょうか。よく見ると足は7本。脱皮のタイミングで失った足が再生することもあるそうです。また生えますように。アシダカグモでなくてコモリグモの一種でしょう。

ミツバツチグリ
ヘビイチゴと思ったけど違った。今の時期、似たような黄色い小さな草花がいくつもありますね。 ヘビイチゴは花のあとに赤い実をつけます。毒はないけど味もないので、食用にされてないそうです。見た目はおいしそうですが。 ヘビイチゴにとてもよく似たヤブヘビイチゴというのもあります。ヤブヘビイチゴは実に光沢があるそうです。これはヘビイチゴだと思うのですが、実がついたら確かめてみます。

カビのはえた木
作業小屋を背にして斜面を見上げると、あんなところにオレンジ色のポストのようなものが? 近寄ってみると木ですが、ペンキをかけたかのようなオレンジ色で、小さな毛虫が集まっているところもあります。調べてみたら、糖分の多い樹液に酵母菌がついて発酵したところで赤カビの一種が繁殖したらしいです。こうした酵母でパンやビールをつくる試みもあるとか!

一重ヤマブキ
公園などでよく見かける花です。一重ヤマブキは実をつけますが、八重ヤマブキは実をつけません。それで「ななへやへ(七重八重)はなはさけども(花は咲けども)山ぶきの みのひとつだになきぞあやしき」という歌が後拾遺和歌集にあります。万葉集にもヤマブキを詠んだ歌が多数あり、日本人とは長いおつきあいのある花です。

おたまじゃくし
田んぼ近くの水場にたくさんオタマジャクシがいました。どんなカエルになるのでしょうか。もっとも、カエルになるまで成長できるのは1パーセント以下とか。

ハルリンドウかな? と思ったけど、ハルリンドウではなくて、正解は フデリンドウ!水車小屋の裏道沿いで見つけました。リンドウの仲間は、晴れて日が当たっているときしか花が開いてないそうです。

シイタケのほだ木
スーパーで売っているシイタケに「原木栽培」とか「原木シイタケ」とか書かれているものがありますね。その「原木」です。雨があたる日陰に置いておきます。植菌した翌年の秋からシイタケが生えはじめます。

苗代  今年の苗代、準備中です。

 


生き延びて、元気に、また里山で遊び、働きましょうね。

(撮影・説明:平山 編集:こじま)

1 / 812345...最後 »