rss

炭焼き…脱臭脱煙装置

以前の記事で「今年の炭焼きはおしまい」と書いたけれど、ひとつ大事なことを忘れていた。ふぅーっ!長池里山クラブの炭焼きを特徴づける脱臭脱煙装置のこと。これなくしては市街地に位置する長池公園で炭焼きは続けられない。

里山クラブでの炭焼きは15年ほど続いているかなと思うけれど、始めの頃は炭焼きの煙が谷筋の小川づたいに住宅地へたなびき、炭焼き期間中の早朝には谷筋はうっすらと白くけぶり、何か燃えるにおいがしていた。(この小川は遊歩道脇に作られた水路です。)周辺に住む人の間では、何の臭いだっ! 火事か!と騒ぎになったこともある。

その頃は夜中に一回は消防車がサイレンを鳴らして煙とにおいの原因を探りにやって来た。消防署への事前の届けはもちろん出してあるのだけれど、通報があれば消防車はやって来る。

「ただ今炭焼き中」の看板やのぼりの設置、周辺住宅へのチラシの配布、宣伝カーによる広報を始めた。のぼりとチラシは今も続けている。

そして、脱臭脱煙装置の開発の模索が始まった。多くの人々の協力を得ながら改善に改善を重ねた結果、今は煙とにおいが谷筋に流れて行くことはなくなった。ホームセンターで調達できる資材を利用しての手作り装置だ。開発の経緯や仕組みについては制作者の弁を待ちたい。(その気があればだが。)

IMG_0062 窯の煙突から出た煙はダクトを通って斜面の中腹へと誘導され、そこで放出される。ダクトはここでは斜面の地中に埋設されている。
IMG_0212 装置の全容はこんな感じ。これら写真は今年の2月に撮ったもの。GWには周辺草木が伸びていて、斜面の下からは全く見えない。
IMG_0209 白い煙がモクモクと出ている。煙に水シャワーをかけるが、煙が全くなくなるわけではない。
IMG_0211 ズームアップ。

 

ということで、装置についてよくは知らない(こじ)が書いた記事なので、話半分で聞いていただけたら幸い。記述が間違っていたら、後の記事にて訂正します。

なぜ、長池里山クラブが炭焼きを続けているのか、という大事な話がまだ残っているのだけど、疲れた。いつかの機会にお話しすることにしたい。