rss

コナルのものたち…作者のことば What inspired him to create the Conals?

コナルのものたちの作者、青木さんから

広場でオブジェを作っていると、森から降りてきた散歩の人たちが「ほおぅ!」と言う。無視や気が付かない人もいる。子供たちが来ると顔が緩み楽しい笑顔になり、時には「キャー!」と奇声があがる。

製作者にとっては、それがうれしくて作るのに精が出る。
ある日、「これはフクロウですよね。」と言われ、あとで耳をつけた。
また、「うわー!ライオンだ」という叫び声を聞き、頭の周りにシュロの量を増やしたりした。
まあ得体のわからない森の生き物でも、森の守護神でも妖精でも何でもいいのだが、それぞれの年月を生きてきた樹や枝の特性が異なるので、それを生かしたらこうなったのである。
201603konal


青木さんによると、材を選びに炭焼き小屋の材置き場に行くと、目が合ってしまうものがあり、頭に乗せる材を見つけに山へ入ると、これまた呼びかけてくるのがあるのだと言う。

(こじ)

From Mr. Aoki, the artist who animated the wood figures:


I often hear park ramblers giving a shout “Wow!” at sight of my Conals, when I’m making a new one. Some are hardly aware of them, but most children are happy at the sight of the figures and are occasionally giving yippee. I’m happy too to work much harder with my new one.

“Is this an owl, isn’t it?”, someone asked me. So, I added ears to it.

“Wow, it’s a lion!”,  I heard someone yell. So, I added more palm beard around  its face.

They could be mysterious creatures living in the woods, fairies or even gods and goddesses. I really have no idea what they should be. I just have been making efforts these three years to make the most of each piece of wood to materialize my imaginations, because each wood has its own characteristics due to its long history as a tree. My Conals got their new lives from that wood.